ニキビは生活習慣から治しましょう。

MENU

プロアクティブ

ニキビは嫌なものですね。

 

ましてや顔にできたニキビは最悪です。
鏡を見ると、目立ってしまうので、ついニキビばかりが気になってしまいます。

 

 

 

ヒリヒリし、「早く治らないかな〜」といつも思っています。

 

ニキビは治っても、すぐにまた新しいニキビができてしまう、その繰り返しですよね。

 

もっとも有効なニキビ対策は、「できないようにすること」なんです。

 

 

当たり前のことのように思えますが、これがなかなか難しいんですよね。

 

 

しかし、ニキビができる原因を知って、それに対策をとっていれば、自然とニキビはできにくくなるものだそうです。

 

 

それでは、ニキビになりにくい生活習慣を確認して、身につけましょう。

 

 

◯マスクやマフラーは清潔で柔らかなものにする

 

 

寒くなってくる、これからの季節。

 

防寒のために、マフラーを身につける機会も多くなるでしょう。

 

 

 

 

一方、インフルエンザ対策として、マスクを着用することも多くなるでしょう。

 

 

マスクは、使い捨てのものを使っている人が殆どでしょう。

 

 

注意が必要なのは、たとえ使い捨てのマスクだとしても、一日中つけているのはよく有りません。

 

 

使い捨てのマスクでも、朝からずっとつけていると、ムレていや〜な感じがすることって、よくありますよね。

 

 

これは、気のせいなんかじゃありません。

 

 

ずっとつけていると、口のまわりの肌にすれて、肌を刺激することになってしまいます。

 

 

プロアクティブ

 

そして、マスクの中で湿気がこもりっぱなしになるので、雑菌も繁殖しやすくなります。

 

この点も注意しましょう、マスクをつけるときには、顔のサイズよりも、大きめのものを選ぶようにしましょう。

 

 

これだけでも余計な摩擦を減らすことができます。

 

 

また、ずっと続けてつけるのではなく、1日で必要な時間だけつけるようにしたいですね。

 

 

 

次はマフラーやストールです。

プロアクティブ

 

マフラーやストーは、何気なく付けている人がいますが、これもニキビの原因になるおそれがあります。

 

マフラーって、めったに洗わないですし、あごや口元に密着しているものです。

 

それが刺激となり、ニキビが悪化していることもあるんですよ!

 

 

 

◯まくらカバーや布団カバーは清潔に

 

プロアクティブ

 

自分の身につけるものを清潔に注意するのは大切ですが、それだけではありません。

 

 

寝ている間も、清潔を保つように注意したいです。

 

 

寝室は、1日の3分の1を過ごす大切な場所です。

 

この寝室が、清潔でなかったら、ニキビを抑えることはできません。

 

 

シーツやまくらカバーはだからこそ、清潔にしましょう。

 

 

枕カバーは、頭皮から出た皮脂がついて特に汚れやすいのです。

 

 

 

顔の汚れが布団カバーにもついてしまいます。

 

 

もちろんのこと、ニキビのもととなるアクネ菌も、付着している可能性が当然あるのです。

 

 

出来ればシーツ類は、毎日洗濯するのが理想です。

 

 

洗顔だって、毎日しますよね。

 

 

せっかく洗顔して、顔をキレイにしても、そのあと汚れた寝具に顔をつけるのでは、全く意味がありません。

 

 

 

毎日洗うのが難しいようですと、薄手のタオルや通気性の良いコットンなどの素材を敷いて、まめに交換するようにし、顔に汚れがつかないようにましょう。

 

 

 

「さわらせたくなる」ツルツル美肌に生まれ変わる!

 

【ラ・ミューテ 大人ニキビ撃退美容液】

 

ストレス・生理前のポツポツにきびを撃退!